top of page

About me

hanaakari


北海道出身北海道育ち

 

毎日、人生に恋してます

幸せすぎて、幸せ泣きをよくするアラサー。
 

幼少時、言語能力に遅れが目立ち、

幼稚園の先生に、

”この子は、聞こえないのでは?”

といわれ、病院に行ったところ、感音性難聴と診断。

 

その日から、言語聴覚士、両親による言葉のスパルタ教育がスタート。
努力の甲斐があり、約一年半で言語能力2歳レベルから小学1年生レベルの言語能力までに上達。

「聾学校にいくべきだ」という周囲の反対の声を押し切り、普通学校に入学。

小学高学年から原因不明の発作に見舞われるようになり、病院を転々。
中学生のときに、進行性前庭水管拡大症であることが発覚。

発作が落ち着かず大学進学を諦め、
自分の身体に合わせながら、発作と闘いながら、
コンビニ→中古カメラ修理専門店→ドラッグストアの倉庫と、

バイトを転々とし、貴重な経験をさせていただく。

徐々に体力がつき、介護業界に転身。

25歳で念願のフルタイム&夜勤勤務が叶う。


27歳、甲状腺の異変を感じ、結節性甲状腺腫と診断。
その後、症状が悪化し、
耳鼻科で稀な難病”ペンドレッド症候群”と診断さ
れる。

 

身体への負担が強く、天職だった介護業界より離れる。

28歳、夏、
突然、聴力低下。完全失聴。めまい、耳鳴りなど激しい発作に襲われる。
​しばらく、安静との指示を受ける。
2ヶ月ほどで聴力が戻り、徐々に回復。


2018年〜2021年 写真関係の会社で勤務。

体調を崩し、再び退職

ワクチン接種により再び聴力低下

約1年半の安静を経て、

念願の介護職に復職。

 

現在、週3回パートで、グループホームで勤務。


毎日爆笑しながら、

働けること、

元気でいられること、

音がきこえること、、、

幾千の幸せを噛みしめながら楽しんでます。笑

*展覧会履歴

2010年 paradiseサークル写真展~フィルムカメラで残す想い~ (グループ展/富士フイルムフォトサロン札幌)

2011年 
○paradiseサークル写真展~フィルムカメラで残す想い~vol.2 (グループ展/富士フイルムフォトサロン札幌)

○ま■(しかく)写真展 10人で撮るま■な世界(グループ展/カルチャー・カフェ+バー【60's シクスティーズ】) 

○さんぽみち (グループ展/ cafe サーハビー)

2014年 秋 初個展「人生に恋」開催

2018年 春 個展「人生に恋vol.2」開催

2022年 春​ 祖父の絵画展 「東京じじの絵たち」開催

*講演履歴

2019年 春 山の手養護学校「病気と向き合うこと」

​2023年 冬 札幌難聴児を持つ親の会 「自分を知る 伝えることの大切さ」 

道内、講演・授業の依頼受け付けています

体調や仕事もあるため、二ヶ月以上前にご連絡いただけると幸いです

主に

・病気や障害との向き合い方

・ストレスとの向き合い方

・インテグレーションについて

​などなど、経験談を元にお話しさせていただいてます

  • X
  • Instagram
  • Instagram

高校2年生〜20歳まで綴った闘病ブログ


昔の闘病ブログ時代に

Hitomiさんから

「あなたの言葉に曲をつけたい」

とメッセージを頂いたことから

hanaakari名として

『きみいろの花』という楽曲を制作しました。

 

Hitomiさんが活動している

ポプラノオトでバンドバージョンの
『きみいろの花』

を配信しています。

 

ぜひご試聴を…​♪

2014年秋
初個展

人生に恋

bottom of page